諏訪の御柱

☆ 今晩は。お疲れ様(^^♪
昨日、義父さんと義兄弟夫婦の案内で訪れた諏訪の御柱祭りの報告が続きます。
下社のあとに上社宮前に移動...
それぞれが木落としが終わり、里曳(さとびき)に備えて、所定の場所に安置されていました。
上社の御柱には先頭と後尾にV字の枝柱(メドデコ)が設けられていて、5月3日~5日にかけて行われる
里曳に備えてメドデコなどの化粧直しが行われていました。
それぞれの役割に応じて、氏子衆の衣装も違い現場の様子が新鮮でしたよ。
里曳の御柱が通過する沿道には沢山の見物用櫓(やぐら)桟敷席(さじきせき)が単管パイプで組立られていて
おもてなしの準備も進んでいました(^^♪
神社では御柱を運び込み建御柱を行うために、石段へ大工さんが板張りの作業を行っていました。

ss-P4290066.jpg

ss-P4290070.jpg

ss-P4290073.jpg

ss-P4290077.jpg
日記 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/04/30 19:21
コメント:

管理者のみに表示