夏の風物詩【青山様&ぼんぼん】が始まりました(^^♪

夏の風物詩【青山様&ぼんぼん】が始まりました(^^♪

今日は夕立を期待しましたが、今のところ雷も鳴らず、雨雲もこれからなんでしょうか...
雨を待ちきれずに庭の鉢物や庭木などに散水しちゃいました。

地元の小学生が主体で、男子は神輿を担ぎ、各戸を『青山様だい、わっしょいこらしょ♪』と歌いながら巡り
お賽銭を集めて廻ります。
本来なら女子は別に 浴衣姿で [ぼんぼん]を提灯を灯して『ぼんぼん とても今日明日ばかり、あさっては山のしおれ草...♪』と歌いながら巡りましたが
近年、男子の数が減ったせいなのか、青山様が主になってしまった感が有ります。
いつまでも伝統を守っていって欲しいものですね。

s-P8030002_20160803194950c9e.jpg

s-P8030001_20160803195012ae3.jpg
日記 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2016/08/03 19:50
コメント:
おはようございます。
子供達が主役の地元のお祭りなのですね、
青山様&ぼんぼんってどんな謂われがあるのでしょう、興味が湧きます
楽しそうな子供達の顔、お賽銭が沢山貰えたのかな。
キキョウ咲きの朝顔は珍しい~、色が鮮やかで素敵です
爽やかなグリーンカーテンですね。
Re: おはようございます。
チャメ婆さん♪

☆ こんにちは(^^♪
朝は曇っていて涼しいくらいでしたが今は晴れて暑くなりました。
松本市の伝統行事『青山様と ぼんぼん』は現在 県指定の文化財にもなっているようです。
いずれも 江戸時代末期頃より始まり 先祖の霊を迎えたり、しずめる行事とも言われています。
ぼんぼんの唄は「ぼんぼんとても今日明日ばかり、あさっては山のしあれ草...」と町をうたい歩きます。
しかし、少子化の波に青山様に統合されてしまっている傾向があり、若い親達も子供達も
ぼんぼんの唄を知っている人は居なくなってしまっているのも現状です。

桔梗咲き朝顔は毎年 切り絵教室の生徒さんにも人気です。
鉢でも育てられるので 今度 種を送りますネ(#^^#)


管理者のみに表示