amは協議会で河川清掃、pmは本業仕事で漏水修理を...

amは協議会で地元河川清掃を実施、pmは本業仕事で漏水修理を...汗(;^ω^)

今晩は。お疲れ様です。
リオ五輪は日本選手達の活躍が本当に嬉しいですよね!!✌
午前中は地元 環境向上協議会で午前8時から地元の河川の水中植物の駆除作業を行いました。
深い所では1m以上の場所も有り、水源が湧水なので水温が12゜Cと冷たく長い長靴を履いての作業でしたが
中から蒸れて汗でビッショリ。約250mの区間を初めは5人、途中から2人が合流しての作業でした。
作業の結果、河川の流れを阻害していた水中植物を取り除き水位が20cm以上も低下して川の流れが良くなりました(^◇^)

【今日は文章が長くなりますが、皆さんの実生活にも関連しますので ご参考にして頂けたら幸いです。】
午後は(約7年前から極微量の水道の漏水が有ったのですが漏水音簡易調査では判明出来ず、さりとて
専門業者の漏水調査の¥15,000を掛ける程の水道代金でも無かったので施主との協議で引きずっていた訳なんです。)
最近になって、検定満了に伴う上水道の量水器メーターの交換(松本市では7年毎に一度に交換)が行政の負担にて実施され
精度が高くなったので漏水量も交換前に比べたら若干でも多くなったんです。
いよいよ お施主様も無駄に何処かへ消化してしまっている上水道の漏水に重い腰を上げて連絡を今月初めにくれました。
(上水道の施工業者も、下水道の施工業者もそれぞれ我が社とは別々の会社なのですが…)
丁度7年前より、他の顧客より我が社を紹介して貰いメンテナンスが始まった経過でした。

今回漏水ヶ所の問題点。
①住宅を建てた時に携わった水道業者が道路側のブロック塀業者の基礎コンクリート根切(掘削)時点に便乗して宅内給水
  メイン管を布設して結果的には長年の経過を経てブロック塀の重量も加わり地盤沈下も有り塩化ビニール製継手に亀裂が
  入ってしまっての漏水につながったものと思われる。(本日午後、実際に掘削してみて判明したこと。)

②専門の漏水調査会社に漏水ヶ所のピンポイントでの調査を依頼して困ったこと...
  各市町村での水道事業運営機関(県、市町村の管理者)が定めている一般家庭内における水道管布設に関する規定。
  埋設給水管の上部へ樹木を植えたり構造物の下にしたりしてはいけない...
  今回困ったのは灯油タンク(400ℓ)を設置してしまって有り、移設しないと掘削修理が出来ない状況だった。

③下水道を過去に請け負った業者が掘削土の残土を現地で処理してしまい、標準埋設深度を20cmも盛土してしまって
  修理のことを無視した施工をしていたこと...

そうは、云うものの我が家も庭木などを埋設している水道管や井戸水管、下水道管などの上では無いものの近くに植えて
しまっているので、通年変化で樹は成長とともに根も張り続けているので弊害も無いとは言えませんね。
今回の漏水修理では、お盆休み(夏休み)も関連して、漏水調査会社も休み明けの17日に実施、灯油供給の大手燃料店も
既存タンクの撤去と新しいタンクの別の場所への移動設置&灯油配管完了が昨日の夕方に...

掘削が終わって、病院でいうところの悪い部分の摘出手術が終わり、ブロック塀下での新しい分岐継手の施工は無理と判断し
作業に支障の無い場所への配管替えを行い正常な操作が出来なくなっていた不凍栓の取替も行い漏水の無きを確認、埋め戻し作業を行っていた時に突如 にわかに曇って夕立に遭ってずぶ濡れになっちゃいました💦( ;∀;)
それでも無事、本日の予定していた作業は完了出来たので良かったです✌(*^-^*)

s-P8200002_2016082021415690b.jpg

s-P8200006.jpg

s-P8200019.jpg

s-P8200001 - コピー

s-P8200002_201608202144423c3.jpg

s-P8200006_201608202145285ce.jpg

s-P8200010.jpg




日記 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/08/20 21:47
コメント:

管理者のみに表示